東京 / 目黒 世田谷の骨董品 アンティーク 不用品の買取は東京アンティークへ ご相談・出張査定無料!03-5720-3144 又は下記お問い合わせよりお気軽にご連絡ください。
特定商取引法表示

販売主:東京アンティーク
(株式会社PayDay)
東京都目黒区五本木
2-4-10
販売責任者:金子 克
Tel:03-5720-3144

株式会社PayDay
「東京都公安委員会」
(第303290709179号)
 
ホーム店長日記大変うれしい日
店長日記
大変うれしい日
2021年04月04日

今日は大変うれしい日。

それはふたりのアスリートの復活です。

ひとりは驚異的な回復と努力で、あっという間に東京オリンピック出場を決めてしまった水泳の池江選手。

彼女の頑張りにどれだけ元気をもらったことか。

そしてもうひとり。

今季からニューヨークヤンキースへ移籍したコーリークルーバー投手。

個人的にはメジャーNo.1だと思っている投手。

そんなことはお前に言われなくとも、そりゃそうだろうよとのツッコミが聞こえてきますが。

これまでサイヤング賞を2度受賞しているクルーバー投手の特徴は、なんといってもホームベース間際にきて急激に曲がるボール。

ストライクゾーンからボールへ。

ボールかと思ったら急にストライクゾーンへ。

大きく曲がるわけではなく、ホームベース間際でキュキュッと曲がるボール。

本当にホームベース間際なんです。

今日のブルージェイズ戦で投げていたボールがまさにそれでした。

ストレートのスピードは145㎞から150㎞程度。

メジャーでは特に速いわけでもないにもかかわらずサイヤング賞2度受賞ですから、いかに彼のボールが凄いのかということ。

2019年に打球が直撃して右腕を骨折して以来、思っていたような投球ができていませんでしたが、今日のボールを見ればもう大丈夫かと。

彼の凄さを書き出すと止まらなくなりそうなのでこの辺にしておきますが、ちなみに大谷はルーキーイヤーの第2号ホームランをクルーバー投手から打っています。

今年のメジャー、楽しみが多くて仕事にならないかも。