東京 / 目黒 世田谷の骨董品 アンティーク 不用品の買取は東京アンティークへ ご相談・出張査定無料!03-5720-3144 又は下記お問い合わせよりお気軽にご連絡ください。
特定商取引法表示

販売主:東京アンティーク
(株式会社PayDay)
東京都目黒区五本木
2-4-10
販売責任者:金子 克
Tel:03-5720-3144

株式会社PayDay
「東京都公安委員会」
(第303290709179号)
 
ホーム店長日記漫画のような夢の野球と神宮外苑並みの草野球
店長日記
漫画のような夢の野球と神宮外苑並みの草野球
2021年04月05日

大谷選手が2番投手で先発。

初回にとんでもないホームランを打ち、投げては最速101マイル&スプリットが決まり、本当に漫画のような夢の世界でしたが、、、。

5回、あとひとりで勝利投手の権利という場面で制球定まらず、四球、エラー&冒頭の連続で同点に追いつかれ、最後はカバーに入ったホームベース上でスライディングをまともに受け交代。

5回のエンジェルスは、ほぼ神宮外苑の草野球並み。

それもこれも大谷選手の投球が招いたものなのでしょうがないのですが。

まぁこれはずっと思っていたことなんですが、極端なことを言うと大谷選手はいまだ打者としてはホームラン&投手としては三振狙い。

三振狙いというか、打者を力で抑えることしか頭にない。

それが魅力と言えばそうなんですが、少なくとも投手としてもう少し長いイニングを投げてもらわないと、1年間のシーズンを考えるとやっぱりチームにとっては良くない。

早い回で交代となれば、打席にも立てないことにもなりますしね。

そのためには球数を減らさないと。

できればカットボールのような小さな変化で早いカウントから打たせてしまう。

打者から見れば捉えたと思ったボールが小さな変化で芯から外れて打ち取られてしまう。

なるべく早いカウントでアウトを取る投球をしないと、投手としてはこれからも安定しないと思います。

投げては三振、打ってはホームラン。

理想だし夢ではありますが、正直今日のピッチングを観て、このままでは今年もエンジェルスの優勝はないなと感じました。

とにかく大谷選手に大きな怪我がないことを祈っています。