東京 / 目黒 世田谷の骨董品 アンティーク 不用品の買取は東京アンティークへ ご相談・出張査定無料!03-5720-3144 又は下記お問い合わせよりお気軽にご連絡ください。
特定商取引法表示

販売主:東京アンティーク
(株式会社PayDay)
東京都目黒区五本木
2-4-10
販売責任者:金子 克
Tel:03-5720-3144

株式会社PayDay
「東京都公安委員会」
(第303290709179号)
 
ホーム店長日記A5ランクの牛肉
店長日記
A5ランクの牛肉
2021年11月13日

近所のOKストアーへ買い物。

近所には、ライフ、スーパーオオゼキや三和といったお店もあり、こと食料品に関しては買い物がしやすい場所に暮らしてます。

その中でもOKストアーはお肉が特に安い。

年に何回しか買わないA5ランクの牛肉。

今日買ってみました。

まぁお肉にA5のロゴが刻印されているわけでもないので、これが本当にA5なのかは、ただのオッサンにはわかりません。

お店を信じるだけです。

でも、息子と話していて、アメリカ人はこのお肉が美味しいって思うのだろうかと。

ヒレ肉ならともかく、溶けてなくなるようなサシが入った牛肉は好まないだろうねというのが一致した意見。

まぁふたりが知るアメリカ人たちはセレブではなく普通の収入の人たち。

アメリカで神戸ビーフは有名だし、セレブの人たちにはサシの入った牛肉は好まれるのかもしれないけれど、彼らにしたって、高級日本食レストランで食べるサシの入った神戸ビーフを本当に心から美味しいって思うのだろうかと。

どうなんでしょう。

セレブではない我々日本の親子にとっても、サシの入ったA5ランクの牛肉より、アメリカのイン&アウトバーガーのダブルダブル(パテ2枚チーズ2枚)の方が好みだというのが、結局のところ共通した意見。

あくまでもこれはセレブではない日本の親子の意見ですので、悪しからず。